室内飼いのトイレの練習


室内飼いのトイレの練習 室内飼いではまず最初にトイレの練習をしなければなりませんね。 部屋の中がオシッコやウンチで汚されたら大変ですから、子犬が家に来た初日から練習を始めましょう。

ワンちゃんが家に来たら少しの間観察します。すると、オシッコをするタイミングが見えてきます。朝起きた後、遊んだ後、食事の後… あなたは、ワンちゃんをよく観察して、オシッコのタイミングを見極めましょう。

次に、ワンちゃんがトイレをして良い場所を決めて、その部屋全体にペットシーツ(新聞紙でも可)敷き詰めます。そして、ワンちゃんがオシッコをするタイミングが 近づいたら「オシッコはトイレ」など合言葉を決めておいて、その合言葉を言いながらワンちゃんの後をついてまわります。この時は部屋中トイレなのでどこでしてもOKなのですが、合言葉を教える感じで歩きましょう。トイレの上でできたら「いい子だね」と言って優しく笑顔で褒めましょう。

何日か同じことをしていると、複数回オシッコをする場所と全然しない場所が出てくるはずです。あなたとワンちゃんでは目線の高さや嗅覚の違いから場所の好みが違います。まずは、ワンちゃんのストレスがかららない場所でさせてあげ、あなたはトイレの上でするときの合言葉を教えるようにしましょう。

そして、よく使う場所と全然使わない場所が分かったら、一回も使わない場所のペットシーツを取り除きます。すると、部屋の中が千鳥格子のようになります。そして、オシッコのタイミングで「オシッコはトイレ」と合言葉を言いながらついてまわります。トイレの上でできたら褒めてあげます。もし、違う場所でしそうになったら、途中でもかまわないのでトイレの上に連れて行って、必ずトイレの上で最後の一滴が出るようにします。そうしたら褒めてあげます。

失敗したときに叱ったりすると、オシッコの行為が悪いことだと認識してしまうので

こうして、徐々にペットシーツの数が減っていき、1〜2か所残して取っていきます。この間も合言葉を言いながらついて行き、トイレの上でできたら褒めます。やがて最後の1枚になったら、それがワンちゃんの一番気持ちよくできる場所です。その頃には、「オシッコはトイレ」の意味も理解していると思います。さらには、トイレの上でできれば褒めえもらえると思っているはずです。

ここで問題は、ワンちゃんが決めたその場所があなたにとって都合が良いかわかりません。そこで今度は、毎日15〜30センチづつ移動して、あなたの都合の良い場所へ持っていきます。

この時も、合言葉を言い、できたら褒める。失敗しても叱らずトイレの上で最後の一滴 までさせえ褒めてあげましょう。あなたの決めた場所まで移動したら完了です。

必ずできるようになるので、優しく見守ってあげましょう!



Copyright © All Rights Reserved.