お散歩中のしぐさ


お散歩中に足をひきずる

元気に歩いていたのに、我が家のマロン君は急に足を引きすりだした!

速攻で獣医さん行く。

レントゲン撮って、触診して・・・

「問題ありませんね」

一安心だ。

でも なぜ???

どうやら仮病だったみたい。
このような症状は、以前に具合が悪かった時に優しくしたり、かまってくれたのを覚えていて、それをもう一度味わいたいと思って、仮病を使ったのかもしれない。

おそらくこのような仕草は、寂しさから来るのでしょう。 我が家の場合は、引っ越しをして環境が変わったのが影響しているのかもしれない…

もしこのようなことがあったら、今以上にワンちゃんと過ごす時間を増やしてみてくださいね。


こんなときのもワンちゃんの仮病? お散歩中に足を引きずる以外にも仮病の可能性が???

多く見受けられるのが、あなたが外出しようとした時です。

ワンちゃんはあなたの行動よ〜く見ています。 着替えたり、帽子をかぶったり、バッグを持ったり等々 すると、「外出するな」と感づきます。

信頼関係がバッチリならOKなのですが、 あなたとの触れ合いが少なかったり、逆に多かったり、環境が変わったりすると 突然ぐったりしたようになったりします。

これも仮病の可能性が考えられます。病気のふりをして、あなたの外出を させないようにしているのです。 これで外出をやめると、少し後に何事もなかったように接してきます。

? お散歩中のスローダウン スイスイ歩いていたのに急にゆっくりしだす。ケガしたようでもなく体は問題なさそう。しっぽをだら〜として、暗い表情なら調子が悪いとわかりますが、そうだもなくてゆっくりしだしたら、ワンちゃんの興味を引くものがあったのでしょう。

猫の気配・友達犬のニオイ等々。この時は情報収集のためにゆっくり歩きます。また、強そうなワンちゃんがいるときにもそうなります。

ゆっくり歩くのは、ワンちゃんの世界では、敵意がない合図です。もし前にワンちゃんがいたら、無駄な争いを避けるためだと思ってください。

お散歩中に急停止 歩くのがゆっくりになったばかりでなく、停まってしまったら。

こんな時は周りを観察してみてください、もしかすると前方にワンちゃんの苦手な何かがないですか?

見たこののないもの、聞いたこのない音、あなたには何ともないものがワンちゃんには怖かったり不安だったりするものです。 通行止めの看板やダンプカーの大きな音なんかも、原因になり得ます。

あまりに怖くて固まった場合は、優しく声をかけて落ち着くまで待ってあげましょう。どうしてもダメなら、コースを変えるかお散歩を中止するものありですよ。



Copyright © 犬と私の2人4脚 All Rights Reserved.